野菜の接ぎ木を機械化

☆概要
井関農機は、キュウリやスイカなどの接ぎ木を全白動化できる機械を開発した。
人手の場合に比べ、八倍の速さで接ぎ木できる。
高齢化が進む農家や苗生産者の負担軽減につながるとみている。

開発した機械は、畑に植える前の二種類の苗をカッターに似た刃物で切り、
くっつけてクリップで留める作業を全白動でできる。

キュウリやスイカといったウリ科の野菜や果物では、根の部分に病気に
強い苗を使い、実がなる部分とくっつける「接ぎ木」をする。

例:
キュウリとカボチャの苗を接ぎ木した。
キュウリは、カボチャの苗と接ぎ木して植えるのが一般的だ。
苗を並べた容器を機械にセットすると、機械がそれぞれの苗をつかむ。
カボチャの苗に付いた二つの葉のうち、一つの葉だけを斜めに切り落とす。
二つ切り落とすと枯れてしまうためだ。
さらにキュウリの葉が付いた部分だけを切り取って、
カボチャの苗とくっつけてクリップで留める。

☆何故掲載したか?
・百姓の子供だが、農業の事は全然しらない。
 この記事で、少し理解。


☆キーワード
・接ぎ木
・機械化
・井関農機


20090106野菜の接木の機械化.jpg

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |