医薬品卸の1位・2位 メディセオとアルフレッサが合併

☆概要
医薬品卸1位のメディセオ・パルタックHと2位のアルフレッサHが
2009年4月1日付けで合併。年間4兆円の巨大卸誕生となる。

新会社の名前は、アルフレッサ・メディパルHとなり、メディ・パルの
熊倉貞武が就任予定。

メディパルの取引先の武田薬品は、「MR機能充実につながる」と歓迎。

☆何故掲載したか?
・合併が強者・弱者の組み合わせが多い中、強者同士がOnlyOneを
目指す卸の合併が、医療卸業界の現状を物語っている。

・卸は特色のない医薬品を流通するだけの機能しかなく、今後の
 業界としての役割は更に低下していくと予想される。

・ジェネリック医薬品の流通で、単価の更なる下落が予想され、
 生き残りが難しくなってきていると予想される。

・2009年改正薬事法でコンビニなどでの一般用医薬品の解禁もあり
 最後のチャンスとなりそうだ。


☆キーワード
・医薬品卸の合併
・業界の1位と2位の合併
・取引先の選別を卸が行う。

2008/10/11メディセオ・アルフレッサ

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |