特許に警告状、対処法は?

☆概要
「特許に警告状を受け取りました」に対するアンサーが、
回答期限が通常一ヶ月以内の期日指定ですが、回答できるケースは希。

回答は文書で無くても、電話、訪問も可能で、警告者の真意を早期に掴むことを
心がけて対処が必要。

最悪、損害賠償、販売中止、製品回収、製造設備の廃棄、謝罪広告など
影響が計り知れない。

・警告の対象となっている権利の存在の有無。
・対象特許及び関連特許の存在有無。(出願中を含む)
・海外の製造販売の場合、対象国の権利。
・対象製品の確認。製造番号や型番の特定がされているか?
・推測できる対象製品の情報。

・警告者と権利者が一致しているか?
・個人名で警告や売り込みではないか?

☆何故掲載したか?
・事情を知らないではすまされない項目。

☆キーワード
・特許

2008/10/09特許に警告状

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |