スイッチ薬 医療用から大衆薬に転用すること

☆概要
医療用医薬品の成分を一般医薬品(大衆薬 OTC)に転用するスイッチ薬。

厚生省は一年に10成分程度を転用が適当と見られる有効成分を公表する
仕組みを公表。
・日本薬学会に依頼。
・日本医学会から意見を聴取。
・薬事・食品衛生審議会の一般用医薬品部会が検討。
・成分を公表。

利用者が全額負担で購入する大衆薬へのスイッチを負やし、医療用医薬品
(処方薬)の使用を減らし、医療費抑制の一助にしたいとの思惑が感じられる。


☆何故掲載したか?
・2009年6月に施工される改正薬事法に向けた動きの一つ。
 関連記事:大衆薬の新分類 2009年

・この記事も、色々と金の臭いが漂いますね。

・誰のための薬事法の改正なんでしょう?

・スイッチ薬として有名なのは、ガスター10やリアップです。


☆キーワード
・改正薬事法
・大衆薬 OTC 一般医薬品
・医療用医薬品

20081121大衆薬転用のスイッチ薬の成分選定.jpg

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |