スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

東日本大震災に役に立った、これが本当の情報です。ホンダの心意気

☆概要
 ホンダがインターネット上に公開している、東日本大震災で被災した地域の道
路情報が評判だ。

ホンダ車を運転する会員130万入のカーナビゲーションシステムを使って、
実際に車が走った道路のデータ(プローブ)を整理。通行できる道や混雑を避けるルートを表示する。

ホンダ車の走行情報から通行できるルートを示すもので、震災翌日から公開され、
救援活動やボランティア作業を支えてきた。

ホンダは地震が発生した3月11日午前、たまたまツイッターの公式アカウントを開設。
3番目に発信した12日午前の"つぶやき"が通行情報の公開を知らせる案内だった。

ホンダのつぶやきは、わずか4日間で約130万入に広がった。
今回公開した被災地の通行情報は、2002年8月に始めた情報サービス
「インターナビ・プレミアムクラブ」が土台となっている。

災害利用を考えるきっかけになったのは、04年に起きた新潟県中越地震だった。
被災地に通じる280カ所の道路が寸断。

運行できるかどうかをーつーつ確認するために3日を費やすことになる。

辛酸をなめた防災推進機構は、ホンダに「プローブを活用できないものか」
ホンダは早速、研究に乗り出すが担当者には葛藤があったという。
「手助けはしたいが、ホンダは民間企業。情報を災害時に出してもいいのか」

今回、ホンダが公開している情報は、通行できるルートしか表示しない。
一見すると素っ気なく映るが、実はこれ、京都大学に協力を仰いで試行錯誤を繰り返したもの。

ルートを誘導すると予想を超えるクルマの流れが発生し、かえって2次災害を招くと考え、
あえて自助努力を手助けする情報の発信にとどめた」

今回の大震災では、米グーグルへの通行情報の提供を現揚だけで決めた。
震災発生から3日目のスピード判断。
多くの閲覧者を集め、クルマが災害時の情報インフラとして機能することを実証してみせた。


☆何故掲載したか?
・見る人が自主的に判断できる色づけされない情報が本当の情報だと思う。
 ホンダの判断が素晴らしい。
 情報を発信する側は、本当に心を配らないといけない。


☆関連記事
 ホンダ アクティ・トラック 軽トラックの販売が順調
 ホンダ ビジネスジェットの全貌
 ぐぐっと曲がる車のフロントガラス 日本板硝子
 水圧加工バンパー エフテック(ホンダ系)


☆キーワード
・東日本大震災 東北大震災
・ホンダ インターナビ・プレミアムクラブ
・通行情報


20110523被災地の道路情報交換ホンダ.jpg

スポンサーサイト

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

電欠 なる意味は? JAFも新時代!!

☆概要
日産自動車と日本自動車連盟(JAF)は、電気自動車(EV)が走行中に電池切れの「電欠」
となった際に、現場に緊急出動して充電するサービスの実証実験を始める。

充電機能付きのロードサービスカーを神奈川県に1台配備。
専用のサービスカーは日産の小型トラック「アトラス」をベースに、同社とJAFが共同開発した。
小型の発電機や出力20?紹の急速充電器を搭載。

日産のEV「リーフ」の場合、20分の充電で約40?の走行が可能になる。
給電場所を探すナビゲーションシステムも搭載した。

急速充電は日本の自動車大手が参画する「チャデモ方式」のため、
三菱自動車など他社のEVでも充電できる。

実証試験中はJAFの非会員も含め無料でレスキューサービスを行う。

JAFによると2010年8月から今年4月末までにEVに関する緊急出動が全国で86件発生。
このうち73件が電欠によるものだったという。


☆何故掲載したか?
・時代なんですねぇ。 確実にEV(電気自動車)の時代がきます。


☆関連記事
 インホイールモータの駆動系だけでなく操縦系も開発 NTN
 最軽量のインホイールモータ(IWT)空冷式 NTN
 モーターの電力ロス半減 センティクス? NECトーキン
 モーターの歯車をなんとプレスで作成 コストも最大1/10になる


☆キーワード
・電気自動車 EV


20110526EV電池切れ充電出動JAF.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

部品内蔵基板26%薄く 大日本印刷 高機能携帯向け

☆概要
 大日本印刷は厚さが0.28mmと同社の従来品に比べ約26%薄型化した電子部品内蔵型プリント
基板を開発した。

開発した基板は配線部分が従来品と同じ6層構造で、その間に5つの絶縁層を配置した。
表裏の第1層と第5層は従来のガラス繊維布をエポキシ樹脂で固めた材料から、
微粒子を混ぜた薄いフィルム状のエポキシ樹脂に変更。

基板のたわみやよじれを防ぐため、電子部品を内蔵する絶縁層の第2?4層では、
硬度を高めたエポキシ樹脂を採用。

各層の構成も改良し、従来の強度を維持しながら、3層合わせて40%前後の薄型化に成功した。

埋め込める部品の高さは従来の0.22mmからO.15mmに制限されるが、基板設計での支障は
少ないとみている。

部品内蔵型のプリント基板は薄型化に加え、実装密度を高めて基板面積を小さくしたり、
配線の引き回し距離を短くしたりできる。

基板内に部品を実装して、薄型化・小型化が進む。
これからどんな世界が広がるのだろう。
確実に言えるのは、故障すると廃棄するしかない時代が確実に来る。


☆何故掲載したか?
・携帯の軽量化の努力の一つです。
 すごい事です。


☆キーワード
・大日本印刷
・電子部品内蔵型プリント基板


20110119部品内蔵基板26%薄く.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

| 面白スクラップブックブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。