スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

カネカのアクリル系液状樹脂「テレケリックポリアクリレート(KANEKA XMAP)」

☆概要
カネカのアクリル系液状樹脂「テレケリックポリアクリレート(KANEKA XMAP)」

カネカが世界で初めて量産に成功し、自動車やガラスなどのシーリング材に
使うシリコーンの代替素材としての活用を期待する。

特徴は
・耐熱性
・耐候性
・耐薬品性
に優れ、

具体的に、XMAPの建材は
・施工現場でゴムのように硬くしても収縮せず、寸法も安定している。
・セ氏150度の場所に1500時間置いてもほとんど劣化しない。
・屋外で紫外線や風雨を浴び続けても30年以上はもつという。
ということだ。

狙うのは自動車や電子機器、建材分野だ。
紫外線で隠時に固まるためライン上での作業にも向く。

分子の構造や分子量がバラバラで、粘度や固めてゴム化した時の性質にムラが出やすい。
高分子化する手法で米カーネギーメロン大学が開発した「原子移動ラジカル重合法(ATRP)」
と呼ばれる特殊な重合法を土台に重合反応に使う触媒の種類や投入量、タイミングなどを工夫
し、構造が均一な分子を効率的に作れる方法を確立した。

XMAPはすべての基本分子がほほ同じ構造で大きさもそろい、ゴムにした時にきれいな綱の目状に
なり、重合時に投入した触媒がゴムになる時に反応を阻害したり、変な色が付いたりしないように、
触媒を薄める精製技術も磨いた。


☆何故掲載したか?
・カネカがすごい。
 最近矢継ぎ早に斬新な商品を開発して世に出している。
 今回の記事はでは、アクリル樹脂が車のガラスの代わりになると、
 

☆関連記事
 東名高速道路の路肩復旧工事にカネカのポリスチレンのブロックが使われた。
 ポリイミドフィルム 最高級の耐熱性と耐寒性を持つ
 自動車の軽量化に向けた樹脂材料の採用状況
 多層式100テラバイト超え? 光記憶媒体
 樹脂原料を製造する有機化学工業の意外さ


☆キーワード
・アクリル樹脂 「テレケリックポリアクリレート(KANEKA XMAP)」
・カネカ


20110628アクリル系液状樹脂.jpg 

スポンサーサイト

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

リチウムイオンキャパシタの市場活性化 いよいよですね

☆概要
高速で電気を充放電できる新たな蓄電装置、リチウムイオンキャパシ
タの市場が活性化している。従来の電気二重層キャパシタに比べて容量
が大きく太陽光・風力も普及を見込める。

電気二重層キャパシタ
・数千円
・充放電回数 10万から100万回
・容量がリチウムイオンキャパシタと比べ少ない。

リチウムイオンキャパシタ
・2010年で1万5千円 2013年で6千円を予想。
・充放電回数 1万回から5万回
・容量が大きい


☆何故掲載したか?
・リチウムイオン電池とリチウムイオンキャパシタの組み合わせで、
 電池の消耗の回避と回生が可能となる。素晴らしい。

☆関連記事
 次世代蓄電池のリチウムイオンキャパシタ 新神戸電機
 リチウムイオンキャパシター NECトーキン



☆キーワード
・リチウムイオンキャパシタ
・電気二重層


  20110311リチウムイオンキャパシタ市場.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

マグネシウム合金帯を日本金属が増産

☆概要
日本金属は2012年にマグネシウム合金帯の生産を10年比倍増の50tに高める。
携帯電話やノトパソコンでの採用が増えているほか、
強度と加工性をそれぞれ高めた新合金を2種類開発した。

マグネシウムは比重がアルミの3分の2と小さい一方で、剛性は5割高い。
価格は割高だが、情報機器の小型・軽量化につながるとして今後の普
及が見込まれている。
日本金属はマグネシウム合金帯やはくを世界で唯一圧延で大量生産できる。
 同社はさらに強度を2割高めた「AM60」と、
リチウムと亜鉛を混ぜて、従来のように200~300度に加熱する必要がない。


☆何故掲載したか?
・レアメタルの一つであるが、日本は中国からほぼ全量を輸入している。
 世界的に埋蔵されているので、中国に頼らなくても良いとは考えられる。

 軽量化がまだまだ求められる。
 有望な

☆関連記事
 マグネシウムイオン2次電池の可能性!!


☆キーワード
・マグネシウム合金
・日本金属


20110418日本金属マグネシウム合金帯.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

希土類の電気的性質が超電導現象の引き金になる初めての物質を発見した。

☆概要
電気抵抗がゼロになる臨界温度は絶対温度0.05度(セ氏零下273度)と
極めて低いが、改良すればこれまで発見された物質を上回る可能性もある。

新しい超電導物質は希土類のプラセオジムと白金族のイリジウム、亜鉛からなる。
プラセオジム原子は亜鉛原子20個で構成するカゴの中に1個ずつ入っている。

希土類に特有の形をした電子軌道が周辺の空間に電気的なゆらぎを作り、
超電導に特有の電子2個の対を生み出すとみている。


☆何故掲載したか?
・まだまだ知られていない物質があり、
 超伝導の可能性がまだまだある事を感じさせます。

☆関連記事
 高価なヘリウムの再利用で、運転費が1/10
 高温超伝導で 微弱磁気センサー
 より高温で超伝導 有機物の電子構造解明
 酸化亜鉛使い、計算速度を最大10倍の電子素子を開発
 超伝導の条件解明フラーレン
 炭素繊維の特徴 PAN系、ピッチ系
 より低コストのカーボンナノチューブ(CNT) 分離コスト
 グラフェンを使い、トランジスタ数千個を試作 富士通研究所
 ナノダイヤで純粋なカーボンナノチューブを製造
 触媒を使わず低コストでディーゼルの排ガスを浄化
 グラフェン表面に金の結晶 すっごーーーい
 カーボンナノチューブ製トランジスタ
 カーボンナノチューブの特殊紙 特種製紙
 カーボンナノチューブで基板の配線を行う。 大阪大学と産総研
 カーポンナノチューブ製トランジスタを印刷で作成する事に成功 NEC
 炭素だけからなる新物質K4の合成をトライ!!
 炭素繊維の重ね張り チャレンヂ
 金属風樹脂フィルム(ピカサス)量産 東レ
 合繊メーカー 収益確保 リストラ急ぐ
 微小化学プラント 東レエンジ
 ポリイミドフィルム 最高級の耐熱性と耐寒性を持つ
 自生で砂漠を緑化 東レとミツカワ
 薬剤浸透技術 ナノモディ 東レ
 自動車の車台を炭素繊維で製造 東レ
 ピッチ系炭素繊維を使った複合素材の提案 三菱樹脂
 化合物太陽電池(CIS) シャープ
 パワー半導体が省電力に!!


☆キーワード
・超伝導


20110614希土類引き金超伝導物質.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

高温超伝導電線

☆概要
住友電気工業やフジクラなど国内電線メーカー大手は、絶対温度77度で使う高
温超電導線材の量産技術開発を急いでいる。

高度経済成長期の1965年ごろから整備された国内の電力設備の寿命は約50年。
設傭を置き換える需要が、2015年ごろから次々と生じる。

電気抵抗ゼロの超電導趨器は従来機器より大幅な省エネにつながると期待される。
しかし置き換え時期に間に合わなければ、再び従釆型の機器が使われ、
超電導の出番はさらに50年先に遠のくとみられる。

高温超電導技術が生きる機器には送電ケーブル、発電機、変圧器、限流器、
電力貯蔵装置(SMES)などがある。

東京電力はケーブル、九州電力は変圧器、中部電力はSMESの開発を進めている。
いずれにも超電導線材が必要になる。


☆何故掲載したか?
・今度の送電線の設備更新(切替)に超伝導ケーブルが間に合わなければ、
 未来はない。頑張れ。


☆関連記事
 希土類の電気的性質が超電導現象の引き金になる初めての物質を発見した。
 高価なヘリウムの再利用で、運転費が1/10
 高温超伝導で 微弱磁気センサー
 より高温で超伝導 有機物の電子構造解明
 酸化亜鉛使い、計算速度を最大10倍の電子素子を開発
 超伝導の条件解明フラーレン
 炭素繊維の特徴 PAN系、ピッチ系
 より低コストのカーボンナノチューブ(CNT) 分離コスト
 グラフェンを使い、トランジスタ数千個を試作 富士通研究所
 ナノダイヤで純粋なカーボンナノチューブを製造
 触媒を使わず低コストでディーゼルの排ガスを浄化
 グラフェン表面に金の結晶 すっごーーーい
 カーボンナノチューブ製トランジスタ
 カーボンナノチューブの特殊紙 特種製紙
 カーボンナノチューブで基板の配線を行う。 大阪大学と産総研
 カーポンナノチューブ製トランジスタを印刷で作成する事に成功 NEC
 炭素だけからなる新物質K4の合成をトライ!!
 炭素繊維の重ね張り チャレンヂ
 金属風樹脂フィルム(ピカサス)量産 東レ
 合繊メーカー 収益確保 リストラ急ぐ
 微小化学プラント 東レエンジ
 ポリイミドフィルム 最高級の耐熱性と耐寒性を持つ
 自生で砂漠を緑化 東レとミツカワ
 薬剤浸透技術 ナノモディ 東レ
 自動車の車台を炭素繊維で製造 東レ
 ピッチ系炭素繊維を使った複合素材の提案 三菱樹脂
 化合物太陽電池(CIS) シャープ
 パワー半導体が省電力に!!


☆キーワード
・高温超伝導線
・住友電設
・フジクラ


20110530超伝導電線.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

リニアモーターカーが日本を横断する、ここも高温超伝導が活躍する。

☆概要
東海旅客鉄道(JR東海)は2027年に東京・名古屋間でリニア中央新幹線の商業運転を開始する。

旧国鉄が1962年に開発に着手し、宮崎県と山梨県で走行試験を重ね、ついに実現の運びになった。

リニアは形こそ電車だが、実際には地上10センチを時速500mで飛ぶ"旅客機"だ。

そのエンジンに不可欠なのが、磁力が高い超電導磁石だ。

リニアの1車両に平均2台組み込む。

ガイドウエーと呼ぷ通路に設置したコイルに磁力を発生させ、車両が浮き上がる仕組みだ。

試験車両の超電導磁石は、絶対温度4.2度(セ氏マイナス269度)に冷やす必要がある金属製。
冷凍機と合わせ1車両当たり2.8トンもある。

鉄道総合技術研究所はリニア用に絶対温度50度で冷凍機が不要な高温超伝導磁石を開発中で、
保温容器入った高温超電導磁石は、駅で冷やせば9時間以上電気抵抗ゼロの超電導状態を保つ。


☆何故掲載したか?
・高温超伝導がリニアを実用的な技術にする。


☆関連記事
 高温超伝導電線
 希土類の電気的性質が超電導現象の引き金になる初めての物質を発見した。
 高価なヘリウムの再利用で、運転費が1/10
 高温超伝導で 微弱磁気センサー
 より高温で超伝導 有機物の電子構造解明
 酸化亜鉛使い、計算速度を最大10倍の電子素子を開発
 超伝導の条件解明フラーレン
 炭素繊維の特徴 PAN系、ピッチ系
 より低コストのカーボンナノチューブ(CNT) 分離コスト
 グラフェンを使い、トランジスタ数千個を試作 富士通研究所
 ナノダイヤで純粋なカーボンナノチューブを製造
 触媒を使わず低コストでディーゼルの排ガスを浄化
 グラフェン表面に金の結晶 すっごーーーい
 カーボンナノチューブ製トランジスタ
 カーボンナノチューブの特殊紙 特種製紙
 カーボンナノチューブで基板の配線を行う。 大阪大学と産総研
 カーポンナノチューブ製トランジスタを印刷で作成する事に成功 NEC
 炭素だけからなる新物質K4の合成をトライ!!
 炭素繊維の重ね張り チャレンヂ
 金属風樹脂フィルム(ピカサス)量産 東レ
 合繊メーカー 収益確保 リストラ急ぐ
 微小化学プラント 東レエンジ
 ポリイミドフィルム 最高級の耐熱性と耐寒性を持つ
 自生で砂漠を緑化 東レとミツカワ
 薬剤浸透技術 ナノモディ 東レ
 自動車の車台を炭素繊維で製造 東レ
 ピッチ系炭素繊維を使った複合素材の提案 三菱樹脂
 化合物太陽電池(CIS) シャープ
 パワー半導体が省電力に!!


☆キーワード
・リニアモーターカー
・高温超伝導


20110526冷凍機不要のリニア.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

| 面白スクラップブックブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。