スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

高価なヘリウムの再利用で、運転費が1/10

☆概要
東京大学発ベンチャーの新領域技術研究所は低コストの極低温冷却システムを製作し、
1号機を名古屋大学医学部に脳磁界計測用として設置した。

冷却に使う高価なヘリウムの漏れを従来の100分の1以下に減らせ、運転コストを10分
の1にすることができる。

製作したのは絶対温度4.2度(セ氏零下269度)の液体ヘリウムを循環して効率よく再利用
するシステム。極低温で動作する脳磁界計測用センサーや磁気共鳴画像装置(MRI)などの
超電導機器に取り付けて使う。


☆何故掲載したか?
・やっぱり超伝導の話題は気になる。
 低コストで液体ヘリウムが使えるなら超伝導が安く使える。
 素晴らしい技術だ。


☆関連記事
 高温超伝導で 微弱磁気センサー
 より高温で超伝導 有機物の電子構造解明
 酸化亜鉛使い、計算速度を最大10倍の電子素子を開発
 超伝導の条件解明フラーレン
 炭素繊維の特徴 PAN系、ピッチ系
 より低コストのカーボンナノチューブ(CNT) 分離コスト
 グラフェンを使い、トランジスタ数千個を試作 富士通研究所
 ナノダイヤで純粋なカーボンナノチューブを製造
 触媒を使わず低コストでディーゼルの排ガスを浄化
 グラフェン表面に金の結晶 すっごーーーい
 カーボンナノチューブ製トランジスタ
 カーボンナノチューブの特殊紙 特種製紙
 カーボンナノチューブで基板の配線を行う。 大阪大学と産総研
 カーポンナノチューブ製トランジスタを印刷で作成する事に成功 NEC
 炭素だけからなる新物質K4の合成をトライ!!
 炭素繊維の重ね張り チャレンヂ
 金属風樹脂フィルム(ピカサス)量産 東レ
 合繊メーカー 収益確保 リストラ急ぐ
 微小化学プラント 東レエンジ
 ポリイミドフィルム 最高級の耐熱性と耐寒性を持つ
 自生で砂漠を緑化 東レとミツカワ
 薬剤浸透技術 ナノモディ 東レ
 自動車の車台を炭素繊維で製造 東レ
 ピッチ系炭素繊維を使った複合素材の提案 三菱樹脂
 化合物太陽電池(CIS) シャープ
 パワー半導体が省電力に!!


☆キーワード
・超伝導
・液体ヘリウム


  20110623極低温高価なヘリウム再利用.jpg

スポンサーサイト

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

蛍光灯で省電力「リライト」と「スーパーリライト」 これはスゴイ!!

☆概要
具の製造・販売のアイゼットは8月から蛍光灯を使った省エネ効率の高い照明器具の
増産に乗り出す。蛍光灯を使う分、価格を発光ダイオード(LED)照明の3分の1程度に抑えられる。

増産する省工ネ照明器具は「リライト」と「スーパーリライト」

蛍光灯の背面に設置する反射板の表面にチタンやシリコンなどを蒸着させ光の
反射率をこれまでの40~50%から94%にまで高めることで消費電力の低減。

蛍光管2本セットの照明器具を1本に減らしてもほぼこれまで同様の明
るさを維持でき、その分照明の消費電力も半減できる。

価格も1時あたり1万~4万円で大規模な改修が必要なく、投資コストはLED照明に比べ
大幅に低い。


☆何故掲載したか?
 LEDだけが省電力の必殺技ではない。
 既存の技術に磨きをかけて、低コストで導入を目指すのも素晴らしい
 ソリューションだ!!!


☆キーワード
・商品名 「リライト」 「スーパーリライト」
・アイゼット
・蛍光灯


20110704アイゼット光反射率94%蛍光管1本でも明るさ維持.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメの高温障害深刻!!!

☆概要
早ければ50年後に想定される現在より1.5倍高い二酸化炭素濃度では、
コシヒカリなど日本を代表するコメの品質が著しく低下することが判明。


☆何故掲載したか?
・CO2の濃度が高くなると、結局人類は生きていけないのかもしれない。
 それも自然の摂理なのかもしれない。


☆キーワード
・コシヒカリ
・地球温暖化


20110630米の高温障害深刻.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

「B4フラッシュメモリー」と言う不揮発性メモリが中国で離陸する

☆概要
半導体ベンチャー、GENUS10N(ジェニュージョン)が、「B4フラッシュメモリー」
と言う製品をひっさげて中国市場に進出する。

B4フラッシュは不揮発性メモリーの一種で、電子の流れが素早い新たな動作原理を導入しているため、
・情報の書き込みや消去が速く使い勝手がいい。
・高温環境での使用に耐えられ、信頼性が高い。

実績として、IP電話向け512MBの製品を受注している。

今後の狙い
・中国市場は、自動車に取り付けで走行を記録するドライブレコーダー
 摂氏150度で10年間データを保持し続ける。
・スマートフォン市場の開拓。

他の日本企業は何をしているのだろう。
これが本物であれば、いろいろな分野で、使い勝手の良い製品が作れる。



☆何故掲載したか?
・何故か日本では離陸しない。これは実証と製品化で後れを取るようになれば、
 日本に未来はない。


☆関連記事
 


☆キーワード
・B4フラッシュメモリー
・ジェニュージョン
・不揮発性メモリー


20110628新型メモリージェニュージョン.jpg
 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

マウスの皮膚細胞から直接幹細胞を作り出す技術を開発!!ダイレクト・リプログラミング

☆概要
皮膚細胞などから目的の細胞を直接作る手法は
「ダイレクト・リプログラミング」と呼ばれる。

九州大学の鈴木教授らは、マウスの皮膚細胞から肝臓の細胞を直
接作り出す技術を開発した。

新型万能細胞(iPS細胞)を経ずに作れるので、がん化の危険性や作製時間・費用などを低
減できる期待がある。肝炎や肝硬変などの新たな再生医療法の実現などに役立つ。

神経や軟骨などを作る技術は既に開発されている。
研究チームばマウスの皮膚細胞忙「Hnf4α」と「Foxa」という肝臓で働く2種類の遺伝子
を、レトロウイルスというベクター(遺伝子の運び手)を使って導入した。

肝細胞が育ちやすい培養環境を整えたところ、約1カ月で肝細胞が得られた。
胎児と大人由来の皮膚細胞でそれぞれ試しいずれも肝細胞ができた。
この細胞を「iHeP細胞」と名付けた。

これまでは皮膚細胞をiPS細胞に変え、さらに肝細胞に分化させる手順が一般的。
ただiPS細胞はあらゆる細胞になれる半面、未分化な細胞ががん化する可能性など
が指摘されている。

得られた肝細胞は、本物の細胞と同様のたんぱく質が働き、
肝細胞特有の機能も確認できた。

増殖も可能で肝細胞が十分に働かず死に至るマウスに、
作った肝細胞を移植すると2カ月後でも約40%が生存できた。


☆何故掲載したか?
・一回iPS細胞と言う万能細胞を作らなくても、目的の臓器を作れる事は、
 本当に命の創世につながるのかもしれない。


☆関連記事
 人の皮膚から幹細胞「Muse(ミューズ)細胞」 より安全に!!
 免疫細胞療法でがん攻撃 メディネット
 がん化促すたんぱく質 動物実験で発見
 がん治療設備 イオンエネルギー密度を10倍にする技術を開発
 フコイダン 抗がん剤の副作用を抑制!!
 子宮頸がんをワクチンで予防 サーバリックス(GSK)
 大腸がんも2~3時間で検査可能 実用化に向け シスメックス
 新たながんワクチン研究 中村祐輔
 乳がん転移迅速診断 シスメックス
 がんを陽子線で治療 陽子線医学利用研究
 再生医療 iPS細胞って何?


☆キーワード
・ダイレクト・リプログラミング
・再生医療
・iPS細胞


20110628iPS経ず直接作成.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

シリコン貫通電極(TSV) エルピーダメモリ つまりマンション型メモリです。

☆概要
シリコン貫通電極(TSV) エルピーダメモリ

半導体の性能向上の原動力となってきた微細化技術は物理的限界に近づいている。

半導体に電極を通して垂直に積み重ねる製造技術「シリコン貫通電極(TSV)」を使い、
通常のDRAM製造工程の途中」に電極形成工程を導入する。

薄くしたシリコンウエハーに穴を開けた後に銅を埋め込んで電極をつくる。
極小電極は半導体1枚に約1000個形成し、横から見ると半導体の表裏両面に電極がはみ出している。
半導体を積層する際にこの電極同士をはんだ接続して、垂直方向に電気が通るようにする。

主基板に占めるDRAMの実装面積は約70%減らせる。


☆何故掲載したか?
・エルピーダが800億の増資をする。
 これが最終的に競争に勝ち残る手段なのでしょうが、
 株主は誰も喜びません。
 遠くで見ていましょう。


☆関連記事
 8枚重ねのDRAM エルピーダ
 台湾当局主導のDRAM再編 また 仕切り直し
 DRAM世界5位の独キマンダ破綻
 世界最速のDRAM XDR DRAMを製品化した エルピーダ
 1月市況 DRAM
 マイクロンとエルピーダと台湾6社統合?
 500億の転換社債を強制償還 エルピーダ
 


☆キーワード
・シリコン貫通電極(TSV)
・DRAM
・エルピーダ


20110628エルピーダ立体DRAM開発.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

high-kメタルゲート技術を導入したDRAM エルピーダ

☆概要
ゲートは電気を止めたり、ためたりする「絶縁膜」と、電圧をかけて電気を流す「電極」で構成。
従来のゲートは半導体の一般的な素材であるシリコンを使っていた。

絶縁膜には電気を蓄える性質に優れた金属「ハフニウム」をベースした素材を採用
し、電極には電気がより流れやすいようチタン系の特殊金属素材を使った。

この結果、オン状態にすると、絶縁膜に引き寄せられる形で大電流が発生してスイッチの高速
切り替えを可能にし、オフ状態では絶縁膜が従来以上に電気の漏れをなくすようにした。

DRAM量産で導入は初めて!!

微細化にも役立ち、MPUやシステムLSIでは既に使用されているが、
DRAMは、データを記憶するメモリー回路と、それらを動かす周辺回路で構成し、
異なる種類の回路を同時につくるため、導入は難しいとされていた。


☆何故掲載したか?
・エルピーダが800億の増資をする。
 これが最終的に競争に勝ち残る手段なのでしょうが、
 株主は誰も喜びません。
 遠くで見ていましょう。


☆関連記事
 シリコン貫通電極(TSV) エルピーダメモリ つまりマンション型メモリです。
 8枚重ねのDRAM エルピーダ
 台湾当局主導のDRAM再編 また 仕切り直し
 DRAM世界5位の独キマンダ破綻
 世界最速のDRAM XDR DRAMを製品化した エルピーダ
 1月市況 DRAM
 マイクロンとエルピーダと台湾6社統合?
 500億の転換社債を強制償還 エルピーダ

 


☆キーワード
・high-kメタルゲート技術
・エルピーダ



20110615DRAM待機電力100分の1エルピーダ.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

| 面白スクラップブックブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。