なんと微生物で白金等の金属を微粒子化 日本原子力開発機構

☆概要
金属イオンを含んだ溶液に特殊な微生物を加えると、
表面に直径数十ナノ(ナノは十億分の一)の粒子ができる。
白金などは化学反応を促す触媒として利用されるが、
粒子の微細化で反応の効率が約六倍に高まるという。


☆何故掲載したか?
・すっごい技術だ。鉄を呼吸に使う微生物で実現できるという、
 また微粒子化の効果もすごい。




☆キーワード
・微粒子化
・日本原子力開発機構
・名古屋大学



  20090217微生物で白金などの金属の微細粒子化 日本原子力研究開発機構.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

砂漠緑化に役立つ「クラピア」 出光興産

☆概要
クラピア」は、工場や道路などの緑化に使う植物苗。
生育スピードが芝生より早く、草丈もあまり伸びず、
刈り込みの手間も1/3に省力化できる。

今後は、砂漠を緑化する実験にも着手する。


☆何故掲載したか?
・砂漠の緑化と言う言葉に反応した。



☆キーワード
・砂漠の緑化
クラピア 出光興産


20090217緑化用植物苗クラピア 出光興産.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

2008年度から始まった、決算短信開示30日ルール 東京証券取引所

☆概要
元々、金融商品取引法で、正式な『四半期報告書』を四十五日以内
に出すように義務づけられた訳ですが、

 「東京証券取引所は『四半期決算短信』を期末から三十日程度で
開示する白主ルールを定めた。

投資家保護を主な目的とする一連の新ルールで決算業務は増大している。
金融庁に四半期報告書を提出する際には、監査法人による監査
証明も添付しなければならない」

 「四半期報告書を期限内に出せない場合は、罰則が適用される。
このため、最終段階で監査を受けるための十分な日程を確保する必
要がある。

従って、その前段階となる決算短信をまとめるまでの業務効率化が重
要なカギとなる。単体決算や子会社情報の集約にかかる時間を短縮
しないと間に合わない


☆何故掲載したか?
・制度の変更が、会社のシステムを大きく変更する。
 この制度の為会社は、現在保持するシステムを大幅に改訂が必要となる。

・監査を通すために会社が準備する資料は膨大で、監査費用は2倍
 以上になりつつあると話しをいろいろな方面で聞く。
 高額な上場維持費用にどれだけの魅力があるのか?
 会社はこの上場維持費用以上に儲けないといけない....



☆キーワード
・金融商品取引法 四半期決算報告書 決算短信
・東京証券取引所
・決算短信30日開示ルール



  20090219決算短信開示「30日ルール」 東証2008年度スタート.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

カーポンナノチューブ製トランジスタを印刷で作成する事に成功 NEC

☆概要
シリコン製の半導体と比べ、低コスト、廃棄物が少なく、
低温製造も可能なカーボンナノチューブ製のトランジスタを
全て印刷で作成する事に成功した。

適用商品は、プラスチック基板などの曲がるディスプレー
等に適用が可能。


☆何故掲載したか?
・ここでも印刷で半導体を作成する技術が開発されている。
 印刷が大流行中。これからも追いかけていく予定。



☆関連記事
 インクジェットプリンタで建材に印刷 トライテック
 有機EL発光素材 開発状況


☆キーワード
・印刷
・カーボンナノチューブ製トランジスタ
・NEC


 20090218カーボンナノチューブ製トランジスタを印刷で作成.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

自生で砂漠を緑化 東レとミツカワ

☆概要
なんと生分解性のポリ乳酸樹脂を使う砂漠緑化技術を共同開発。

チューブ状に加工した樹脂を格子状に敷き詰め、砂の移動を押さえ
植物の種が根付きやすくした。

植林より安く、作業時間も少ない。


☆何故掲載したか?
・砂漠の緑化の技術は広大な土地を浮遊化する切り札だ。



☆関連記事
 砂漠緑化に役立つ「クラピア」 出光興産



☆キーワード
・ポリ乳酸樹脂
・緑化
・砂漠
・東レ ミツカワ

20090227自生で砂漠緑化 東レとミツカワ.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l
コメント 小だぬき:生態系破壊に気をつけて・・・
初めての投稿になります、小だぬきです。

素敵な研究ですね。地球の砂漠化を食い止められたら素晴らしいことですね。

人間の引き起こした「砂漠化」を「人間が止める」・・・。生態系などへの影響を考慮した上、
早く実用化して欲しいですね。
コメント 知識収集家:雑草?
初めまして、たびたびブログ拝見しております。

砂漠の緑化ですが、確か日本の大学のどこかで、生命力の強い雑草を品種改良(?)して、砂漠で繁殖させて緑化するという研究が行われているそうです。このような研究が早く進んで、砂漠が緑化しればいいですね。

電動二輪車 二人で疾走 GMとセグウェイ

☆概要
最高時速が56キロ
なんと二人乗りで、横に並んで、
更に、タイヤが両脇に2つ付いて走ると言う電動二輪車。

感動です。



227255.jpg



227257.jpg


ブレーキを踏んだら前に倒れないんでしょうか?

座っている椅子にもたれたら、後ろに倒れないんでしょうか?

謎だらけの電動自転車です。





☆何故掲載したか?
・いや謎だらけの電動自転車。実用化が待ち遠しい。



☆キーワード
・電動二輪車
・セグウェイ&GM











 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

ドイツ ダイムラーベンツの筆頭株主へ アラブ首長国連邦 アブダビ首長国

☆概要
業績が苦しいのはダイムラーも同じ。
厳しいリターンだけを求めるのであれば、
今回の出資は説明できない。

アブダビ首長国の指導層に浸透する将来への問題意識がある。

「我々は子供たちに何を残せるのか」
(アブダビ経済界の重鎮、アハマド・サイ工氏)という
問いに対する答えが、技術獲得や人材育成に資金を
優先的に振り向けるという投資戦略だ。


?二酸化炭素(CO2)排出を減らす電気自動車
?自動車製造に利用する革新的複合枕の開発
?自動車産業向け人材の教育施設
で協力する。


☆何故掲載したか?
・この買収の発想は、どうしてもアブク銭で将来を買う姿にしか見えない。
 こんないい加減な考え方は、既に終わっていると思われる。

☆関連記事
 中東も襲う金融危機 民営化延期が



☆キーワード
・アラブ首長国連邦 アブダビ首長国
・ダイムラー


  20090324アブダビ国家戦略 次は車.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

家用の太陽電池の性能・価格比較 これは意外と知らない。

☆概要
下の一覧表を見てほしい。
こんなに差が有るんだ!!



☆何故掲載したか?
・いろいろ事情があるんだ。


☆関連記事
 ベンチャー企業が太陽電池市場に風穴を開ける
 太陽光発電そのものが 既にバブルに向かっている
 調整を迎える太陽電池
 ナトリウム硫黄蓄電池増産 日本ガイシ
 調整を迎える太陽電池
 太陽電池の種類
 太陽電池 日本が世界から取り残される


☆キーワード
・太陽電池 家庭用




  20090319太陽電池の価格差.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

盗難車は ハイエースが一番多いんだ!! 2008年度

☆概要
2年連続 ハイエースが一番盗難が多い!!

なんと理由が
・イモビライザーと言うてん゛ししき移動ロックの防犯型キーが
 装着されていない車両が多い。

・東南アジアで、バスなどに利用される事例が多い。



☆何故掲載したか?
・おっと、理由の2つはとっても納得。



☆キーワード
・盗難車 ハイエース 2年連続 一位


20090319車名別盗難被害件数 ハイエース2年連続最多.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

プラネタリウム世界トップメーカー 五藤光学研究所

☆概要
五藤光学研究所は、プラネタリウ厶装置の世界トップメーカーだ。
専用施設や学校向けの本格装置では四割程度の世界シェアを
握る。競合は米独に大手が一社ずつだ。

ドームの直径が三屏の小型タイプから三十屏の大型タイプまで。
大型は一基五億円する場合もあり、最高で一千万個超の星を投影
できる。

昔はプラネタリウ厶装置といえば星図を刻んだ原板を内蔵する
方式が普通だったが、今はプロジェクターを使うデジタル方式
が増えている。

宇宙の創造や彗星(すいせい)の構造など、迫力ある映像
を上映しやすいためだ。



☆何故掲載したか?
・世界トップの4割を維持する会社を知っておくのもよいだろう。
 


☆キーワード
・プラネタリウム
・五藤光学研究所


  20090218プラネタリウム世界トップメーカー 五藤光学研究所.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

<<前頁へ<<| 面白スクラップブックブログ | >>次頁へ>>