スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

自動車の軽量化に向けた樹脂材料の採用状況

☆概要
・日米欧で進む二酸化炭素排出規制に対応するため車体軽量化による燃費改善に向けた
 樹脂材料の採用が進んでいる。

☆何故掲載したか?
・会社の主要部品の内樹脂がどの部分に使われているかを残しておきたい。
・現在車部品の大手がどう変わっていくかの節目として捉えている。

☆キーワード
・ダイセル化学
・日本軽金属
・積水化成品工業
・帝人
・旭化成
・カネカ
・クラレ
 

2008/09/30車の軽量化
スポンサーサイト

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

LEDのヘッドランプを汎用化 小糸製作所

☆概要(2008/10/1記事)
・高級車で採用されてきたLEDヘッドライトの価格を一気に引き下げ(1/3)、
シェア拡大と量産化を目指す小糸製作所の協力な戦略。

☆何故掲載したか?
・LEDのライトが実用域に入ってきたこと。
・一気に普及・シェア拡大・コストダウンを目指す小糸製作所の戦略。

☆キーワード
・LED
・ヘッドライト
・小糸製作所

2008/10/01小糸製作所

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

ジェネリック薬品の様子

☆概要(2008/10/01)
・後発医薬品の世界最大手の「テバ・ファーマスーティカル・インダストリーズ」(イスラエル)が
興和と興和テバを設立し本格参入を2009年に行う予定。

☆何故掲載したか?
・ジェネリック医薬品もMR無しでは、医者が処方しないと言う事実。
・次回の特許切れの山場は2011年。
・処方箋の様式は、ジェネリック医薬品の原則処方。
・診療群別の包括払い方式(DPC)

☆キーワード
・後発薬
・ジェネリック
・沢井製薬
・日医工
・東和薬品
・太洋薬品工業

2008/10/01後発薬上


2008/10/01後発薬下

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

第四回品質経営度調査結果 ランキング企業が興味

☆概要
・第4回 品質経営度調査で上がっている企業の総合ランキング

☆何故掲載したか?
・どんな企業が評価されているかランキングを知っているだけでも有用。

☆キーワード
・品質経営度
・日本科学技術連盟
・日本経済新聞社

2008/10/01品質経営度

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

派遣業界の変調

☆概要
・パソナグループの株価が急落している。減収減益を発表の影響もあるが、日雇い派遣の法規制、
法令違反などの人材サービスセクター全体の印象悪化が影響。

☆何故掲載したか?
・グッドウィルがラディアホールディングへ日雇い派遣も廃業。
・フルキャストが二度の事業停止で大暴落。
・グッドウィルと業務提携を模索していたユナイテッドテクノロジーホールディングの株価暴落。
・派遣業界が変調。

☆キーワード
・人材派遣
・パソナ
・フルキャストホールディングス
・ラディアホールディングス
・グッドウィル
・エン・ジャパン


2008/10/01人材派遣の変調

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

日経平均9,204 1,000円近く暴落

☆概要と何故掲載したか?
・2008年10月08日 記録的な大暴落、日本は空売り規制をかけていない中、
ついに1,000円近く大暴落。

・その日の記事にドイツ証券の副会長が記事の内容の発言をしている。
空売りで問題視されていた証券会社の一社です。


☆キーワード
・日経平均
・大暴落
・サブプライム
・空売り規制
・世界大恐慌


20081009暴落




2008/10/09空売り規制

索引 FAAフィナンシャル・アーティスト・アカデミー株式会社
          
Financial Artist Academy 

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

金融危機「理想売り」 日経平均 8,100円 今日も1,000円近く下落

☆概要
将来の成長を先取りした「理想買い」で有ったはずが、
サブプライムに端を発した、金融システムの不安を先取りした「理想売り」への
引き金を引いたしまった。

株の売買で儲けるには、株を買って値上がりを待って売る方法と、
株を証券会社から借りてきて、市場で売って、値下がりしたら、買い戻して、
借りた株を返すことで儲ける方法があります。いわゆる信用取引です。

いまの理想売りは、信用取引をされている方が、どんどん株を借りてきて、
売る事で株の値段が下がって、更に儲かる状況です。


☆何故掲載したか?
・2008年10月10日 日本は空売り規制をかけていない中、
アメリカが2008年10月9日空売り規制解除となり、翌日の日本つまり、
2008年10月10日 連日の記録的な大暴落に引き続き8,100円まで下落。

このペースでは、5,000円も視野に入る事態となるかもしれない。

・2008年10月10日東証の寄りつきが売り一色の為、ついにサーキットブレーカーが発動。
一時売買が停止された。これは、同時テロ以来だそうだ。

・この売り一色で、アメリカの証券会社とか金融機関が、日本で大もうけして損失を一掃する
事も十分考えられる。特にGSは、ポールソン財務長官が元CEOを努めた会社で
緊急の融資の取り付けなど、陰でいろいろとお世話されているかもと言われている。

・今回の株の暴落で、家計に120兆円の損害を与えたと試算が出ていて、
この金は誰がさらっていくかと言うと、海外である。

・暴落の後、企業の中間決算発表が続くが、時価会計の導入まなしで、
保有株の時価が下落すれば、当然損失となり、下方修正の嵐で、
更に株価が下がる、強烈な負の連鎖が想定され、今年度12月頃の日本の株価は
一人異常に下がり続ける事が想定される。

・まさに、日本の資産が海外からの投資と言う名の狩り場になりそうだ。

☆キーワード
・日経平均
・大暴落
・サブプライム
・空売り規制
・世界大恐慌

2008/10/09理想売り

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

特許に警告状、対処法は?

☆概要
「特許に警告状を受け取りました」に対するアンサーが、
回答期限が通常一ヶ月以内の期日指定ですが、回答できるケースは希。

回答は文書で無くても、電話、訪問も可能で、警告者の真意を早期に掴むことを
心がけて対処が必要。

最悪、損害賠償、販売中止、製品回収、製造設備の廃棄、謝罪広告など
影響が計り知れない。

・警告の対象となっている権利の存在の有無。
・対象特許及び関連特許の存在有無。(出願中を含む)
・海外の製造販売の場合、対象国の権利。
・対象製品の確認。製造番号や型番の特定がされているか?
・推測できる対象製品の情報。

・警告者と権利者が一致しているか?
・個人名で警告や売り込みではないか?

☆何故掲載したか?
・事情を知らないではすまされない項目。

☆キーワード
・特許

2008/10/09特許に警告状

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

5万円台のノートパソコンってどうだ?

☆概要
5万円台のノートパソコンが最近流行っています。
主に、日本のメーカー以外が販売をしています。
日本のメーカーは、最低12万円ぐらいからの価格設定で、
決して5万円台のノートパソコンを作ろうとはしていませんでした。

さて、売上げが以外と好調で、
ついに東芝もNB100で参入してきました。
重量約1.05kg、Atom N270(1.60GHz)、1Gバイトメモリ、
120GバイトのHDD、IEEE802.11b/g準拠の無線LAN、
Bluetooth Ver2.1+EDR準拠、
8.9型ワイド液晶、ウェブカメラなどを搭載している。
価格はオープンだが、店頭想定価格は7万円台半ばの見込みだ。

買ったノートパソコンの使途は、大体ワープロ、エクセル、
インターネット、メール、チャット(メッセンジャー)、年賀状

これぐらいに耐えれれば90%は大丈夫。

知ってますか?
パソコンの構成部分で一番高いのが、OS(Windows)。
ワープロ、エクセルをするには買わないといけないが、
これがすさまじく高い。

良く考えと、まるで、マイクロソフトの為にパソコンを買っている様なものだ。


☆何故掲載したか?
・日本のメーカーが尻込みしていたノートパソコンの価格破壊がついに始まりました。
・液晶の値段が劇的に下がり、それ以外のパーツも性能が向上し、
 OSは基本WindowsXPで軽快です。
・大失敗のWindowsVISTAはどんどん廃れていきます。
・今の5万円台のノートパソコンが日本のパソコン市場を
どう変えていくかが楽しみです。

☆キーワード
・ノートパソコン
・5万円台ノートパソコン
・東芝
・WindowsXP
・WindowsVISTA


2008/10/15ノパソ

2008/10/15ノパソ2

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

医薬品卸の1位・2位 メディセオとアルフレッサが合併

☆概要
医薬品卸1位のメディセオ・パルタックHと2位のアルフレッサHが
2009年4月1日付けで合併。年間4兆円の巨大卸誕生となる。

新会社の名前は、アルフレッサ・メディパルHとなり、メディ・パルの
熊倉貞武が就任予定。

メディパルの取引先の武田薬品は、「MR機能充実につながる」と歓迎。

☆何故掲載したか?
・合併が強者・弱者の組み合わせが多い中、強者同士がOnlyOneを
目指す卸の合併が、医療卸業界の現状を物語っている。

・卸は特色のない医薬品を流通するだけの機能しかなく、今後の
 業界としての役割は更に低下していくと予想される。

・ジェネリック医薬品の流通で、単価の更なる下落が予想され、
 生き残りが難しくなってきていると予想される。

・2009年改正薬事法でコンビニなどでの一般用医薬品の解禁もあり
 最後のチャンスとなりそうだ。


☆キーワード
・医薬品卸の合併
・業界の1位と2位の合併
・取引先の選別を卸が行う。

2008/10/11メディセオ・アルフレッサ

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

| 面白スクラップブックブログ | >>次頁へ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。