スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

カーボンナノチューブ製トランジスタ

☆概要
カーボンナノチューブ(筒状炭素分子)を使ったトランジスタ。
筒の太さは2-3ナノで、筒が二本重なった 二層カーボンナノチューブ を
シリコン基板上に乗せた。

各筒毎に配線をするのが難しかったが、
走査型電子顕微鏡(SEM)の電子線を当てて、
うまく外側のナノチューブだけをうまく剥がす事に成功。

いまのLSIの集積度100倍以上が可能だ。




☆何故掲載したか?
・カーボンナノチューブと言う素材で広がる未知の世界がまた一つ産まれた。


☆関連記事
 カーボンナノチューブの特殊紙 特種製紙
 カーボンナノチューブで基板の配線を行う。 大阪大学と産総研
 カーポンナノチューブ製トランジスタを印刷で作成する事に成功 NEC
 炭素だけからなる新物質K4の合成をトライ!!



☆キーワード
・カーボンナノチューブ 筒状炭素分子


20090521カーボンナノチューブトランジスタ2.jpg 

スポンサーサイト

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

車載用電池を巡る電気と自動車メーカーの提携関係図

☆概要
2009年5月22日時点の関係図を記載する。
これから起きる自動車のドラマは、この関係図の会社が
主役だ!!

20090521電池と車の関係.jpg



☆何故掲載したか?
・ハイブリッド、はたまた、電気自動車の世界が
 本格的に始まる。



☆関連記事
 電気二重層キャパシター 明電舎・日本ケミコン
 リチウムイオンキャパシター NECトーキン
 リチウムイオン電池の爆発しない正極材料 マンガンリン酸塩リチウ厶の新製造法
 リチウムイオン電池 発火・液漏れなし 出光
 発火の危険性の無いリチウムイオン電池 電力中央研究所
 ニッケル、リチウムの資源はどこの国にあるか?
 リチウムイオン電池、原理は実は解明されていない
 長寿命リチウムイオン ボストン・パワー
 


☆キーワード
・車載用電池


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

ビルドアップ基板と言う高密度の実装基板

☆概要
携帯電話などは、省スペースで電子部品を実装する必要がある。

そこで、基板を重ねた中に、身長の高い部品も合わせて実装して、
トータルで実装密度を高め技術だ。


☆何故掲載したか?
・高額の装置開発が必要で、まだまだ日本の優位性が高い分野だ。
 頑張れ!!

・言葉としてビルドアップ基板は憶えておく必要があると思う。



☆キーワード
・ビルドアップ基板
・メイコー
・日本CMK
・キョウデン
・大日本印刷


20090521ビルドアップ基板.jpg


 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

太陽電池の発電効率が2倍の50%に!!

☆概要
現在の発電効率は23%程度が限界だ。
その発電効率を2倍の50%に高める潜在能力を持つのが、
「量子ドット太陽電池」だ。

量子ドットが光を吸収して、電子を放出する現象を利用する。
粒子が小さく、まるで原子のように振る舞う為「人工的な
原子」とも呼ばれる。


☆何故掲載したか?
・夢の様なデバイスだ。是非実現して欲しい。


☆関連記事
 家用の太陽電池の性能・価格比較 これは意外と知らない。
 ベンチャー企業が太陽電池市場に風穴を開ける
 太陽光発電そのものが 既にバブルに向かっている
 調整を迎える太陽電池
 ナトリウム硫黄蓄電池増産 日本ガイシ
 調整を迎える太陽電池
 太陽電池の種類
 太陽電池 日本が世界から取り残される


☆キーワード
・量子ドット太陽電池


20090520量子ドット効果で新型太陽電池.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

中国市場に軸受け生産を傾斜 THK

☆概要
国内軸受けメーカーはコスト削減や投資抑制などを進めつつ、
産業機械やインフラ開発などの需要が見込める中国での事業
展開を進める構えだ。

・直動案内装置大手、THK
「経済の停滞は二年ほどと考え、成長が見込める地域に照準を合わせて
計画を立てている」

日本で起こったNC化に伴う需要の飛躍的な伸びが、今度は
中国で起こると予測した拡販体制の構築だ。

・日本精工
軸受け国内最大手の日本精工は、中国での市場シェアは世界三位。
二〇〇二年以降七工場を新設するなど早くから中国を重視。

なかでも中国江蘇省昆山に建設中の研究開発拠点は今後の核となる。

・NTN
欧州で需要が減退しているが、中国は伸びている。

・不二越
「米国より成長余力はある」としながらも「政治体制や労賃問題もある」
として、東南アジアやブラジル、東欧地域などで事業を強化する構え。



☆何故掲載したか?
・何れも景気が上向いた時に、真っ先に恩恵をうける機械の雄だ。
 キーワードは中国。

 そして、本格的に空洞化が進む日本。

・記事の中で、THKの言うNCの導入が20%程度の中国で、
 今後数年で人件費の高騰などで一気に普及する点に注目している
 のが印象的だった。



☆キーワード
・軸受け各社
・NTN 日本精工 不二越 THK

20090529中国市場に軸受け生産傾斜.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

警察証拠写真にデジカメ採用!!!

☆概要
5月6日付の朝日新聞朝刊に
「全国の警察が証拠写真の撮影用として新型のデジタルカメラを導入する」
という趣旨の記事が載った。

何故記事になるかと言うと...

デジタル写真は原板が改変されている可能性もあり、
証拠能力はないとされてきた。

しかし

数年前、指定された装置を使わないと書き込みができな
い記録媒体が開発された。

この記録媒体は一度データを登録すると、
上書きできないようロックされる。

消去や再利用、使い回しができず証拠能力が維持される。
この記憶媒体をフィルムと同じように添付し、
証拠品にするわけだ。

読み出しは、普通の機械でできる所も味噌だ!!



☆何故掲載したか?
・建築現場の写真などもデジカメが認められる中、
 確かに、証拠能力と言う点では、デジカメは劣る。

 いろいろな素材があるものだ。


☆キーワード
・警察
・証拠写真
・デジカメ


  20090529警察証拠写真にデジカメ.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

エレクトロマイグレーション

☆概要
エレクトロマイグレーションとは、金属線に大電流を流すと、
断線が起きる現象を指す。

一定電圧以上になると金属線中で加速された
電子が原子に衝突、原子が移動するのが原因である事が判明した。


つまり、一定電圧を超えなければ、大電流を流しても大丈夫で
ある事が判明した。


☆何故掲載したか?
・基本的な事象が実験が確かめられた意義は大きい。


☆キーワード
・エレクトロマイグレーション


20090512一定電圧で電子・原子衝突.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

GMチャプターイレブン申請 全米自動車労組(UAW)との交渉

☆概要
ゼネラルモーターズ(GM)の米破産法11条申請(チャプターイレブン)で、
救済問題は幕引きを迎えた。

この間、債権者や全米自動車労組(UAW)との交渉は、「犠牲の平等」を巡って
紛糾した。

GMについても、クライスラーの共済問題にしても、全米自動車労組(UAW)
と債権者にどれだけ譲歩を迫れるかだった。

しかし、来年秋の中間選挙を控えるオバマ政権には、米民主党の重要な
支持基盤、UAWを養護すれば国民の支持を失い、国民感情を重視すれば、
UAWの支持を失う。

結局、
UAWは、

クライスラー株55%取得できる権利を持ち、

GM株は当初、債権者との比率「39%対10%」となっていたが、
最終的に「20%対25%」に逆転させたが、債務免除額や、
優先株を考慮するとUAWとは、年金制度や賃金水準はほぼ維持となった。



☆何故掲載したか?
・全米自動車労組(UAW)は労働者の権利を守る組合と思ったが、
 どうも覇権主義の組織らしい。
 良い食い物だ。


☆関連記事
 GMとクライスラー 現在の経営者と破綻猶予期間
 電動二輪車 二人で疾走 GMとセグウェイ
 フィアットがクライスラーと資本提携 その真実


☆キーワード
・ゼネラルモーターズ GM
・全米自動車労組 UAW
・米破産法11条申請 チャプターイレブン


  20090602GM.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

新車買い替え、補助金で スクラップ・インセンティブ

☆概要
政府が追加経済対策の一環で決めた新車の買い替え補助制度。
13年以上経過した車に一年以上乗車していて、
買い替え時廃車する事が条件。

2009年4月10日にさかのぼって適用される。

・乗用車
買い替えたい車が2010年度燃費規制をクリアしていれば、
25万円補助を受けられる。軽自動車は、12.5万円。

・トラック、バス
現行の排ガス規制をクリアしていれば、
小型で40万円、中型80万円、大型180万円補助が出る。



注意:自動車の重量税と取得税を減免する「エコカー減税」とは別。


☆何故掲載したか?
・正確な情報は大事だ。

・沢山売れると、きっと反動がすごいでしょうね。
 その時景気が良いことを祈ってます。


☆キーワード
・スクラップ・インセンティブ 新車の買い替え補助制度



  20090612スクラップインセンティブ.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

電池素材のリチウムはどこで生産されるか?

☆概要
電気自動車を睨んだ電池は、リチウムイオン電池がメインとなるが、

素材のリチウムは、どこで生産されるか?

 4割がチリ アタカマ塩湖


ボリビアのウユニ塩湖 には世界の埋蔵量の半分が存在するが、
まだ開発は進んでいない。

 


☆何故掲載したか?
・重要な素材は、政治が介入しないと勝てない。
 日本の政治家・官僚はどうなんだろう?

・ぼーーっとしていない事を願うのみだ。


☆関連記事
 電気自動車向け急速充電器製品化 高砂製作所
 電気自動車 充電でなく電池毎交換 ベタープレイス
 車載用電池を巡る電気と自動車メーカーの提携関係図
 電気二重層キャパシター 明電舎・日本ケミコン
 リチウムイオンキャパシター NECトーキン
 リチウムイオン電池の爆発しない正極材料 マンガンリン酸塩リチウ厶の新製造法
 リチウムイオン電池 発火・液漏れなし 出光
 発火の危険性の無いリチウムイオン電池 電力中央研究所
 ニッケル、リチウムの資源はどこの国にあるか?
 リチウムイオン電池、原理は実は解明されていない
 長寿命リチウムイオン ボストン・パワー


☆キーワード
・リチウムイオン電池 リチウム
・チリ
・ボリビア


20090518リチウムイオンの資源.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

| 面白スクラップブックブログ | >>次頁へ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。