クラウドがもたらす世界 ソフトウェア業界を直撃か?

☆概要
インターネットイニシアティブ(IIJ)の鈴木幸一社長へのインタビュー。

☆クラウドの特徴
・1つのサーバーなどを仮想的に分割して使う『仮想化』
・ソフト導入の基盤を共通化する『標準化』、
・サービス提供までの手順を簡素にした『自動化』

IT(情報技術)サービスは安価になる。
世界的な競争が激化し、IT産業は5年で大きく変わるだろう」

「規模が大きいほど有利なので、クラウドサービスで生き残る大手企業
は1社になるかもしれない。」

米グーグルがその1社かどうかはまだ分からないが、先行したのは事実だ。

「グーグルは蛇口をひねれば水が出るように情報を提供しようとしている。
これまでは通信網が『土管』と呼ばれ、付加価値のないまま情報を流
すだけといわれてきたが、グーグルはパソコンなどのハードも含めて土
管にしようとしている」


☆何故掲載したか?
・WEB2.0と同じで流行言葉かな?

・ハードウェア業界も淘汰されて、
 超巨大なデータセンターが世界各所にできて、
 世界で一社だけが生き残ると言うことだろうか?

・相応の信頼性が必要な世界では、クラウドは何の保証もない。

・システムの停止が、企業活動の停止に直結することに対しては、
 利用はできない。

・掲載されている3つの技術要素の内、下の2つはこれまでも
 企業努力されてきた内容だ。

・仮想化すればクラウドなのか? 解らない。


☆関連記事
 ソフトウェアの欠陥(バグ)を発見するサービスを月内に始める ループス


☆キーワード
・クラウド
・グーグル


20091217クラウドがもたらす世界.jpg 

スポンサーサイト




へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

| 面白スクラップブックブログ |